木村 拓哉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『HERO』ヒットに見るテレビ依存 

んー要は見る人側視点に立って映画制作をされていないと・・・
でも、あれほど人気になったドラマの映画化って事では
レンタルビデオでも貸し出されているし、先ず借りて把握すれば良いと思うね^^ (私はドラマを録画して見てたけどw)
なんにしてもキムタクはカッコイイモノ
--------------------------------

【元記事】
映画『HERO』が好調である。9月11日付のオリコンのニュースによれば、同作は公開2日間で75万人を動員、興行収入10億円突破とのことである(興行通信社調べ)。

福田靖による脚本はよく練れていて、点在するエピソードが澱(よど)みなくまとまっている。主演の木村拓哉は、前作の『武士の一分』から一転、破天荒にして才気あふれる青年検事、久利生公平を軽やかに演じ、キムタクカラーを存分に発揮している。

 共演の、検察事務官・雨宮舞子に扮する松たか子も、演技が自在感ゆたかで、随所で見せる表情が愛くるしい。くどさのない笑いが適度にちりばめられて、2時間を超える上映時間、少しも退屈させるところがない。娯楽作品の佳作と評してよいだろう。

 しかし、そうしたせっかくの内容のおおよそも、先立つテレビドラマ『HERO』の文脈をもたない観客には、まったくもって意味不明でしかないはずである。

 阿部寛、演じるところの検事が、なぜ自らの離婚訴訟に苛(いら)立つのか。事務官役の小日向文世は、どうして社交ダンス大会に出場しているのか。さらには、田中要次がマスターをつとめるバーで、韓国料理や自動翻訳機が次々出てくるのは、どのような理由からなのか。テレビドラマの11話分を知らなければ、なにひとつ分からないし、面白くもない。

 フジテレビは、こうしたテレビシリーズを映画化することが今やお家芸で、『踊る大捜査線』にしても、『海猿』にしても、多くの観客を動員した。収入も莫大だった。そして、同社だけに成功を独占させてなるものか、という勢いで、TBSも日本テレビも、同様の映画作りに積極的である。協賛するスポンサーも多い。それはそれで、間違いのない、いかにも今日的な映画制作方式ではあるのだろう。

 しかし、作品はよい仕上がりでも、映画それ自体で面白みが完結しない、という有り様は、正しい姿では決してない。しかも、そのような作品が、記録的なヒットになるという現況。それらが実績となって、ここ数年の邦画好調という状況があるとすれば、映画関係者は、そのことを憂慮しなければならない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000003-omn-movi




スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キムタク、F1日本GPにスペシャルゲスト出演 | HOME | 『HERO』9人9パターンのメッセージ今日から>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。